ホーム > 社会・生活 > スターバックスのボイコット呼びかけ、LGBT支持で

スターバックスのボイコット呼びかけ、LGBT支持で

2017年07月04日 16:48 JST配信

【クアラルンプール】 マレー系権利団体のプリブミ・ペルカサ・マレーシアは2日、性的マイノリティ(LGBT)コミュニティを支援していることを理由にカフェチェーン、スターバックスのボイコットを呼びかけた。

4年前に行なわれたとされる同社のハワード・シュルツ会長(当時・最高経営責任者=CEO)の同性婚を支持する発言を引き合いに出したもので、マレーシア当局にスターバックスの営業免許取り消しを要求している。

ペルカサのイスラム問題局のアミニ・アミル氏は「スターバックスは同性婚やLGBTを支持している。これはマレーシアの求めるところと異なる」と述べた。

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。