ホーム > 経済, 日本関係 > プロドゥアがエコパーク建設へ、環境対策を強化

プロドゥアがエコパーク建設へ、環境対策を強化

2017年06月20日 20:52 JST配信

【ラワン=マレーシアBIZナビ】 ダイハツ系プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は、セランゴール州ラワンにある500エーカーの製造拠点内にエコ・パークを建設し、環境対策に取り組む姿勢を強化する。

エコパークの面積は1,500平方メートルで、建設費は30万リンギ。2017年10月の完成を目指す。水耕栽培を利用した小さな農場と、社員のための休憩所を建設する。建材にはすべてリサイクル素材を使用。使用電力はすべて太陽光発電と充電式バッテリーを利用し、二酸化炭素を排出しないシステムとする。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。