ホーム > 経済 > マツダ車のベルマツ、通年決算で大幅減収減益に

マツダ車のベルマツ、通年決算で大幅減収減益に

2017年06月15日 20:04 JST配信

【クアラルンプール】 マツダ車の販売を手掛けるベルマツ・オートは、2017年4月30日末締め通年決算で売り上げが前年度比20.8%減の16億5,950万リンギ、純利益が同39.8%減の1億1,905万リンギにとどまったと発表した。マレーシアおよびフィリピンでの販売減が響いた。

第4四半期(2―4月期)の売り上げは前年同期比33.8%減の3億5,403万リンギ、純利益は同57.0%減の2,221万リンギにとどまった。リンギの対円安が続いたことで売り上げおよび利益を圧迫した。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。