ホーム > 三面・事件 > ピザハットが入店拒否?非ムスリム差別?

ピザハットが入店拒否?非ムスリム差別?

2017年06月14日 20:47 JST配信

【クアラルンプール=マレーシア BIZ ナビ】ラマダン(断食月)中のマレーシアのある「ピザハット」店舗で宗教差別により入店を断られたとして、非イスラム教徒の女性がツイッター上で苦情を訴える騒ぎがあった。これに対しピザハット側は調査を行なった上で、宗教的な差別はなかったと反論している。女性は6月5日のツイッターで、ある「ピザハット」支店に入店したところ「非ムスリムは午後8時半まだ入店できないと言われた」と主張。その後、ピザハットから謝罪があったために問題は解決したとしている。またどこの店舗で起きたかは明らかにしていない。

ピザハット側は座席が満席だったために入店を断ったとした上で、「すべての客を先着順で同じように扱っていると反論。苦情申立人が同社に詳細な情報を提供していないため、これ以上の調査はできないとコメントしている。女性が同店に入店した際、断食明けのムスリムが詰めかけていたとみられる。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。