ホーム > 三面・事件, 経済 > トゥルーフィットネスで賃金未払い、会員権移行契約なし

トゥルーフィットネスで賃金未払い、会員権移行契約なし

2017年06月13日 20:16 JST配信

【クアラルンプール】 シンガポール系フィットネスジム、スパ運営のトゥルー・フィットネス・マレーシアが経営不振を理由にマレーシア国内のフィットネスジムとスパを突然閉鎖したが、複数の従業員が賃金が未払いであると訴えている。今年年初からの賃金が未払いのケースもあり、従業員の多くが賃金未払いを労使関係局に訴え出ることを考えているという。

マレーシアのトゥルー・フィットネスでエクササイズ・マネジャーをしていた男性はフェイスブックへの投稿で、4カ月分以上の給与が未払いのままであるが、 トゥルー・フィットネスはシンガポールや中国で支店を増やしていると批判。未払い分の給与は1万リンギになると明らかにした。この男性は賃金が支払われないことを理由に5月に辞職願を出し、6月7日付けで退職したが未払い分の給与に関し経営陣から明確な回答は得られていないという。

関連カテゴリ: 三面・事件, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。