ホーム > 経済 > MRT1号線第2期、7月17日に開通

MRT1号線第2期、7月17日に開通

2017年06月09日 07:55 JST配信

【プトラジャヤ】 ナジブ・ラザク首相は、7月17日に首都圏クランバレー大量高速輸送(MRT)1号線、スンガイ・ブローーカジャン(SBK)線の第2期を開通し、1号線全線が開通することになると表明した。

MRT1号線の第1期は2016年12月16日に開通した。1日のSBK線利用者の数は50万人を超えることが見込まれている。

ナジブ首相は、首都圏クランバレーでは他にも軽便鉄道(LRT)延伸工事や高速鉄道(HSR)、東海岸鉄道線などの交通インフラプロジェクトが推進されており、生産性の向上や経済成長につながることが見込まれているとコメントした。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。