ホーム > 三面・事件 > 3D塗装の横断歩道、トレンガヌ州で話題に

3D塗装の横断歩道、トレンガヌ州で話題に

2017年06月08日 16:43 JST配信

【クアラトレンガヌ】トレンガヌ州クアラネルス地区に立体(3D)ペイントを施した横断歩道が登場し、新たな観光アトラクションとして話題を呼んでいる。「ビューティフル・トレンガヌ」フェイスブック・アカウントに写真が掲載されている。

観光振興のためにクアラネラス地区政府と公有地管理局が手掛けたもので、海岸に近いマーケット「アップタウン・コンテナ」前の道路に、地元のアーティスト、ハッタ・ハシムさんが描いた。

一部からはドライバーや歩行者にとって危険ではないかと懸念の声が上がっているが、ハッタさんは「一定の角度から見なければならないので危険はない」と説明している。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。