ホーム > 経済, 日本関係 > ホンダマレーシア、マイナーチェンジ「ジャズ」を発表

ホンダマレーシア、マイナーチェンジ「ジャズ」を発表

2017年06月06日 20:12 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ホンダ・マレーシアは6日、マイナーチェンジ版の三代目「ジャズ」を発表した。ハイブリッド版新型「ジャズ」は日本に先駆けて世界初の発表となる。

すでに予約受け付けは開始しており、7月中旬ごろには出荷が開始できる見通しだ。販売目標はガソリンエンジン搭載車が月間1,200台、ハイブリッド車が150台となっている。

ガソリンエンジン搭載車は「1.5L S」、「1.5L E」、「1.5L V」の3グレード。価格はそれぞれ7万4,800リンギ、8万1,000リンギ、8万8,400リンギとなっている。ハイブリッド車は8万7,500リンギ。車体カラーはガソリンエンジン車で5色、ハイブリッド車で3色を用意した。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。