ホーム > 経済, 日本関係 > 工作機器メーカーのATS、年内にも日本企業と合弁設立

工作機器メーカーのATS、年内にも日本企業と合弁設立

2017年06月05日 20:22 JST配信

【ジョージタウン】 工作機器メーカーのATシステマタイゼーション(ATS)は、年内にも日本企業とオートメーション機器製造を手掛ける合弁会社を設立する計画だ。同社のマク・シュウウェイ取締役が明らかにした。

合弁会社は、マレーシア国内及び輸出市場向けにピックアンドプレース機を専門に製造する予定。2018年内の生産開始を目指す。合弁相手の日本企業の名前は明らかにしていない。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。