ホーム > 三面・事件 > 中国人観光客、毎月平均90人が犯罪被害に

中国人観光客、毎月平均90人が犯罪被害に

2017年05月26日 07:04 JST配信

【クアラルンプール】 マレーシアを訪問する中国人観光客が増えている中、この 4カ月で毎月平均90人が引ったくりなどの被害に遭っている。在マレーシア中国大使 館は中国人観光客の犯罪被害が増加傾向にあるとして、注意を喚起している。

人民正義党(PKR)のチャン・リーカン氏(ペラ州議会議員)とリー・チェンチュ ン氏(党青年団宣伝部長)によると、南米から来た犯罪集団が多くの犯罪に関わって いるとみられる。犯罪が起きたホテル や観光名所の現場に設置された防犯カ メラに、南米出身とみられる複数の外 国人が度々映っているのが確認されて おり、南米のシンジケートが組織だっ て中国人観光客をターゲットにしている可能性があるという。 

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。