ホーム > 三面・事件 > シェルがチョンボ、ガソリンを誤って2倍の価格で販売

シェルがチョンボ、ガソリンを誤って2倍の価格で販売

2017年05月25日 15:03 JST配信

【クアラルンプール=マレーシア BIZ ナビ】石油販売のシェル・マレーシアが、「RON95」ガソリン価格の設定を間違って約2倍の価格で販売していたことが分かり、消費者に謝罪する騒ぎがあった。

問題が発生したのは燃料小売価格の見直しが行なわれた18日深夜零時で、1リットル当たり0.07リンギ引き上げて2.08リンギにするはずだったが、誤って4.09リンギで販売された。価格がおかしいことに気付いた消費者がレシートや給油機の表示を写真に撮ってソーシャルネット上に公表、たちまちネット上で拡散した。

コンピューターシステム上の設定を修正する際、引き上げ前の価格と引き上げ後の価格を誤って合計してしまったのが原因。間違いに気付いたシェル側が約1時間半後に修正したが、160人が2倍の価格で買ってしまったという。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。