ホーム > 三面・事件 > ペナンで発見された人骨、5,710年前のものと判明

ペナンで発見された人骨、5,710年前のものと判明

2017年05月18日 07:47 JST配信

【ジョージタウン】 先ごろペナン州セベラン・プラ イのグア・ケパーで発見された古い人骨について、米国 で行なわれた放射性炭素年代測定によりおよそ 5,710年前のものだとする結果が出たことが分かった。測定結果は前後30年の誤差があると いう。

人骨は4月17日、建設現場の地下70センチメートルほどの表層で発見された。マ レーシア科学大学(USM)のモクタル・サイ ディン教授によると、当初の調査結果に よって女性と考えられたため「ペナン・ウー マン」との愛称で呼ばれているが、性別を鑑 別するためにさらに骨の調査をおこなう必要がある。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。