ホーム > 経済, 日本関係 > パナソニック産機、マレーシアでノンフロン冷凍機初納入

パナソニック産機、マレーシアでノンフロン冷凍機初納入

2017年05月12日 16:04 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 パナソニック産機システムズ(本社・東京都墨田区)は9日、マレーシアの販売代理店であるクールケア(M)を通じ、「CO2冷媒採用ノンフロン冷凍機」を、食品スーパーのジャヤ・グローサーのムティアラ・トロピカーナ店に納入したと明らかにした。海外のスーパーマーケット向けとしては初めての納入となった。

マレーシアは、フロン冷媒の段階的な使用削減に国家レベルで取り組んでおり、脱フロンへ向けたプロジェクトを官民合同で進めている。これらの活動の一環として、マレーシア天然資源環境省が提供する地球温暖化対策補助金による助成を受けて納入が実現した。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。