ホーム > 経済, 日本関係 > ホンリョン子会社、ヤマハ製船外機の独占販売権を獲得

ホンリョン子会社、ヤマハ製船外機の独占販売権を獲得

2017年04月09日 12:53 JST配信

【クアラルンプール】 ホンリョン・インダストリーズの新子会社、HLYマリンは6日、半島部におけるヤマハ製船外機の独占販売権を獲得したことを明らかにした。

同日、ヤマハ発動機の本社(静岡県磐田市)で取り交わされた合意によると、HLYマリンはヤマハ製船外機のすべてのモデルの販売、サービス、スペアパーツを扱う3Sセンターを運営する。

HLYマリンは本社をセランゴール州スンガイブローに置き、中央サービスセンターを併設する。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。