ホーム > 三面・事件 > Kトレンガヌで初の映画館、監視カメラなど異例の開業に

Kトレンガヌで初の映画館、監視カメラなど異例の開業に

2017年04月06日 15:46 JST配信

【クアラトレンガヌ】 クアラトレンガヌで念願だった初の映画館が3 月 18 日に ようやくオープンしたが、風紀の乱れに対するイスラム保守派の主張に応じて「暗闇 に乗じて観客が非道徳なことをしないよう」監視するためのカメラを劇場内のあちこ ちに設置する異例の開業となった。

クアラトレンガヌにオープンしたのはマレーシア半東部でシネコン・チェーンを展 開するロータス・ファイブ・スター(LFS)。11のスクリーンをもつシネコンを「パ ヤ・ブンガ・セントラル」内に開業したが、当局から監視カメラ設置、金曜日の礼拝日や ラマダン(断食月)中の上映時間制限など様々な条件を付けられた。しかしこれでも満足しない汎マレーシア・イスラム党(PAS)同州支部は、男女別の座 席分離を州政府に要求しており、これを非ム スリムにも適用するよう求めているという。 

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。