ホーム > 三面・事件 > クラン観光年の小冊子「肉骨茶」は無視?

クラン観光年の小冊子「肉骨茶」は無視?

2017年04月06日 07:44 JST配信

【クラン】 観光文化省はセランゴール州クランの観光振興のため2017年を「ヴィ ジット・クラン・イヤー」に定めたが、発行された公式小冊子のおすすめレストラン・ リストに「肉骨茶」(バクテー)が入っておらず、地元華人の間に失望の声が上がって いる。

24ページの小冊子では観光ポイントが紹介されており、最終ページにシーフードやナシカンダルなどのおすすめレストラン8店 舗が紹介されているが、クラン名物とされるバクテーの食堂はリストから外されている。 豚肉を禁忌とするイスラム教徒の感情を「忖 度」したとみられるが、華人の中からは非ムスリム議員がなぜこうした決定に反論しな かったのかと疑問の声があがっている。

バクテーは英国植民地時代に中国から渡っ てきた労働者が栄養をつけるために朝食として食べたのが起源だといわれ、クランがその発祥の地とされている。クランには300店も のバクテー食堂があるという。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。