ホーム > 経済, 日本関係 > ホンダマレーシア、累計出荷台数が60万台に

ホンダマレーシア、累計出荷台数が60万台に

2017年03月31日 15:05 JST配信

【アローガジャ=マレーシアBIZナビ】 ホンダ・マレーシアは、マラッカ州ペゴー工場創設以来の累計出荷台数が60万台に達し、30日に関係者やメディアを招いて記念式典を開催した。

ペゴー工場は2003年1月に開所し、「CR-V」の生産を開始、生産車種を「シティ」、「シビック」、「アコード」を加えた4車種に拡大した。2014年には第2生産ラインを稼働し、現在は「ジャズ」、「HR-V」、「BR-V」を加えた7車種を生産している。勤務は2交代制で2本の生産ラインの年産能力は各5万台、合計10万台となっている。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。