ホーム > 三面・事件 > 捕まった泥棒がリンチで死亡、4人を拘束

捕まった泥棒がリンチで死亡、4人を拘束

2017年03月30日 07:48 JST配信

【イポー】ペラ州クアラカンサーに近いルボック・メルバウで26日未明、民家に忍び込んだ泥棒が住民に発見されてリンチを受ける出来事があった。泥棒は死亡し、警察は4人を拘束した。

36歳の泥棒は鈍器で頭を殴られており、通報を受けた警察官が駆けつけた時には意識不明となっていた。クアラ・カンサー病院に運ばれたが、同日午後5時に死亡が確認された。これまで麻薬関係の4件の前科があったという。マレーシアでは警察への不信感もあって、住民が警察に引き渡す前に捕まえた泥棒やスリに過剰な暴行を加えたり、晒し者にするケースが後を絶たず、警察はリンチをしないよう住民に呼びかけている。今年1月にはトレンガヌ州で親子が泥棒を殺害する事件が発生、親子は悪びれた様子はなく正当防衛を主張している。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。