ホーム > 経済, 日本関係 > トップグローブ、ファイマテックと合弁設立

トップグローブ、ファイマテックと合弁設立

2017年03月29日 07:56 JST配信

【クアラルンプール】 ゴム手袋製造最大手、トップ・グローブ・コーポレーションは、自社で使用するゴム充填剤の製造に向け、ファイマテック(本社・東京都千代田区)と合弁会社を設立すると発表した。

ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)に宛てた声明によると、既存企業のテクニグローブ・アジアを合弁会社とし、今後TG FMTに改称する予定。グループ子会社のトップ・グローブが70%にあたる420万リンギ、ファイマテックが30%にあたる180万リンギをそれぞれ出資する。トップ・グローブは内部留保を出資金に充てる。2018年第1四半期の操業開始を予定している。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。