ホーム > 統計・調査 > KLのスマホ保有率が95.1%に=博報堂生活者調査

KLのスマホ保有率が95.1%に=博報堂生活者調査

2017年03月17日 07:40 JST配信

【クアラルンプール】 博報堂はアジア14都市を対象とした最新版の生活者調査「グローバル・ハビット」を発表、クアラルンプール(KL)はスマートフォンの保有率が2016年に95.1%となり、2012年の26.6%から大幅アップした。68.5ポイントのアップ率は14都市中でトップ。

今回の調査は15―54歳の男女1万700人を対象に、情報端末の保有・利用実態に関する分析を行ったもの。マレーシアのスマートフォン保有率は東南アジア諸国連合(ASEAN)ではシンガポール(97.8%)に次いで高かった。マレーシアではスマートフォンでよく利用するサービスのトップはメッセンジャーで、以下、▽SNS▽動画共有サービス▽電子メール▽検索サイトでの情報検索▽GPS機能/交通/地図ナビ▽チャット▽カメラ/ビデオ撮影機能▽写真共有サービス▽ニュースを見る/読む――の順となった。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。