ホーム > 日本関係 > 東京都生鮮物輸出協議会、マレーシアで試食会を開催

東京都生鮮物輸出協議会、マレーシアで試食会を開催

2017年03月13日 07:04 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 東京都生鮮物輸出協議会(TOPEX)は9日、日本産生鮮品の紹介と普及を目的とした試食会「エンジョイ・ジャパニーズ・フレッシュネス」をクアラルンプール(KL)市内の日本レストランで開催した。

TOPEXは、東京都中央卸売市場の青果・花・水産の卸大手、東京青果(大田市場)、大田花卉(花卉卸売市場)、中央魚類(築地市場)――の3社が国産農水産物の輸出拡大のために設立した団体。日本全国の農産品が入手できる東京の卸売り市場の利点を生かし、産地と連携して年間を通じて日本産の高品質な農産品を海外に紹介していく。今年度はすでにタイ、アラブ首長国連邦(UAE)、シンガポール、中国・上海で試食会を開催した。

関連カテゴリ: 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。