ホーム > 三面・事件 > 「邪気を跳ね返す石」、呪術師が10万リンギ詐取

「邪気を跳ね返す石」、呪術師が10万リンギ詐取

2017年03月05日 12:40 JST配信

【ブキ・メルタジャム】 ペナン州ブキ・メルタジャム在住の男性(48)が、ボモ(マレーシアの呪術師)から「邪気を跳ね返す石」と称してタダの石を高額で売りつけられたと訴えている。

男性は2013年12月に現在の家に引っ越したが、その時に信頼していたボモに「新居が黒魔術をかけられている」と理由から、魔術を跳ね返して災いを避けるために「避邪石」を52個、家の周囲に埋め込むよう指示された。「避邪石」は1個当たり3,000リンギすると言われ、男性は自動車や保険を解約するなどして10万7,000リンギを支払ったという。

男性は友人に相談したことで騙されたことに気がついたが、壁に埋め込まれた「避邪石」を調べると、熱帯魚の水槽に入れるただの石だったことが分かった。男性は以前、手足の痛みで苦しんでいたが、くだんのボモを頼ったところ1年ほどで完治。以降、ボモを信用してしまったという。

(中国報、光明日報、2月23日) 

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。