ホーム > 経済, 日本関係 > UMWトヨタ、社長&会長の交代式を開催

UMWトヨタ、社長&会長の交代式を開催

2017年03月01日 15:51 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 UMWトヨタ・モーターは27日、社長と会長の交代式を開催。ラビンドラン・クルサミー新社長は、自動車産業が厳しい環境に置かれる中、「成功から学ぶと同時に失敗からも学ぶ姿勢で望む」と述べた。

ラビンドラン新社長は、イスメット・スキ前社長が12月末で退任した後を受け、1月1日付けで就任した。UMWトヨタで26年務め、社長就任前はアフターセールス、調達、品質管理担当取締役を務めていた。

会長のアスマット・カマルディン氏も12月末で退任しており、新会長には政府系投資会社ペルモダラン・ナショナル(PNB)のハマド・カマ・ピア・チェ・オスマン元社長兼最高経営責任者(CEO)が新会長に就任している。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。