ホーム > 統計・調査 > 7割のマレーシア人、モバイル決済の利用に意欲的

7割のマレーシア人、モバイル決済の利用に意欲的

2017年02月22日 15:07 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】  カード大手のビザが実施した最新の調査によると、マレーシアでは10人中7人がモバイル決済の利用意欲があることがわかった。

ビザは、2016年9月に実施した消費者のモバイル決済の対応状況度調査「ビザ・コンシューマー・ペイメント・アティチュード調査2016」の調査結果を発表。マレーシアでは750人が参加した。

調査によると回答者の71%がスマートフォンを所有していると回答した。モバイル決済を利用して、映画のチケットの購入や、食料品や飲食物を購入していると答えた。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。