ホーム > 社会・生活, 経済 > ルーブ、バブルティー店を「ティーライブ」に改称

ルーブ、バブルティー店を「ティーライブ」に改称

2017年02月21日 15:41 JST配信

【クアラルンプール】 バブルティー販売店を経営するルーブ・ホールディングスは18日付けで、161店舗の名称を「ティーライブ(Tealive)」に改め、今後も事業拡大を続けると明らかにした。ガソリンスタンドに併設した店舗や軽便鉄道(LRT)、大量高速輸送(MRT)などを中心に、向こう2年間で店舗網を拡大させる予定だ。

ルーブ・ホールディングスは台湾系のお茶専門店チャタイムのマレーシアにおけるフランチャイズチェーン・ライセンスを保有していたが、チャタイム・ブランドのオーナーである六角国際(ラ・カッファ・インターナショナル)からフランチャイズ契約の解除勧告を受けていた。

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。