ホーム > 日本関係 > ジャパンストア、飲食店フロアを正式オープン

ジャパンストア、飲食店フロアを正式オープン

2017年02月19日 12:43 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 三越伊勢丹ホールディングスは2月17日、クアラルンプール(KL)の「イセタン・ザ・ジャパン・ストアKL(伊勢丹ジャパンストア)」4階にレストランフロアを正式オープンした。16日夜にはメディアや関係者を招いて内覧会を開催した。

今回▽総合和食(水炊き)「とり田」▽とんかつ「和心とんかつ あんず」▽寿司「すし麻布」▽東京スタイル洋食「ザ・トウキョウ・レストラン」▽焼き肉「焼肉トラジ」――の5店舗が先行オープンした。最終的に1店舗加えて6店舗となる。

5店はいずれもマレーシア初出店。いずれも日本人シェフが本場日本の味を提供する。5店の総座席数は253席。営業時間は午前11時―午後11時。

関連カテゴリ: 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。