ホーム > 三面・事件 > 盗難の放射性物質がシャアラムに廃棄、被ばくに懸念

盗難の放射性物質がシャアラムに廃棄、被ばくに懸念

2017年02月15日 15:23 JST配信

【クアラルンプール】 セランゴール州シャアラムのデサ・ラタニアにあるエラ・アパートメントの一室のごみ箱に放射性物質を含むプロジェクターの部品が廃棄されていたことが明らかになった。

廃棄されていたのは放射能測定器の部品で9日未明にカンプン・スンガイ・カンディスにある石油・ガス(O&G)関連企業の車両が盗難被害に遭った際に盗まれていた。犯行にかかわったと見られている8人はクランとシャアラムで既に逮捕されている。また、このO&G企業の社員4人も重要参考人として事情聴取のため拘束されている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。