ホーム > 政治・外交 > 野党第一党のDAP、マラッカで4人の議員が離党

野党第一党のDAP、マラッカで4人の議員が離党

2017年02月14日 15:05 JST配信

【マラッカ=マレーシアBIZナビ】 野党第一党・民主行動党(DAP)マラッカ支部所属の下院議員1人、州議会議員3人が12日、共同記者会見を開き離党を表明した。DAP幹部は、引き止めない考えを示している。

党が当初掲げていた理念から乖離してきたためと説明しているが、イスラム刑法導入に執念を燃やす汎マレーシア・イスラム党(PAS)との再提携の動き、仇敵であるマハティール モハマド元首相が設立した統一プリブミ党(PPBM)との提携推進に対する批判があるとみられる。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。