ホーム > 経済 > 今年の貿易額は2.7%増、ムスタパ通産相が予想

今年の貿易額は2.7%増、ムスタパ通産相が予想

2017年02月10日 07:52 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ムスタパ・モハメド通産相は、2017年のマレーシア貿易額について、国際貿易の回復や一次産品価格の回復に伴って2.7%増加するとの見通しを示した。2016年の貿易額は前年比1.5%増の1兆4,846.0億リンギとなった。

マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)の2016年通年の貿易統計発表会に出席したムスタパ通産相は、2016年の輸出が1.1%増、輸入が1.9%増となったことを挙げ、今年はそれぞれ3%、2%増と昨年を上回る成長がみこまれると言明。「一次産品価格が安定してきている。原油価格は1バレル=55米ドル前後に落ち着いている。この水準を維持すれば、必ず貿易には好影響をもたらす」と分析した。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。