ホーム > 経済, 統計・調査 > テクノロジーセクターの昇給率、最も高くなる見通し

テクノロジーセクターの昇給率、最も高くなる見通し

2017年02月02日 20:40 JST配信

【クアラルンプール】 人材派遣サービスのロバート・ウォルターズによると、今年マレーシア国内で最も昇給率が高いセクターはテクノロジーセクターと見込まれている。

保険や銀行など様々な分野でテクノロジーを採用する企業の数が増えていることから、テクノロジーや電子商取引(eコマース)、シェアード・サービスでは求人も多く昇給率も高くなる見通しだ。一方で、石油・ガス(O&G)セクターでは原油価格が不安定であることから昇給率は低くなるとの予想だ。

ロバート・ウォルターズが実施した調査によると、テクノロジーセクターではここ数年に渡り賃金の上昇が続いており、今後数年間は同じ傾向が続くと見られている。

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。