ホーム > 三面・事件 > 人種差別的求人広告、ボディショップが謝罪

人種差別的求人広告、ボディショップが謝罪

2017年01月19日 07:54 JST配信

【クアラルンプール=マレーシア BIZ ナビ】 マレーシアにある英スキンケア専門 店、ボディショップが、人種差別的な求人広告を出したとして批判に晒されている。 キシャニア・ダモダランさんが自身のフェイス

ブックで証拠写真入りで告発した。写真には壁に貼 られた黒地の募集ポスターの下部に、「O n l y Chinese」と書かれているのが写っている。これを 見たネチズンが直ちに反応。中にはボディショップ の不買運動を呼びかける過激な投稿も出現した。

批判を受けたボディショップは12日、ある支店 で該当する求人広告が貼り出されたことを認めた上 で、一部の従業員の独断でなされたとツイッターで 説明。あってはならないことだとして、全面的に謝 罪した。 

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。