ホーム > 経済, 日本関係 > ニコンマレーシア、「D3200 」4万台の販売を目標

ニコンマレーシア、「D3200 」4万台の販売を目標

2012年05月01日 16:19 JST配信

【クアラルンプール】 ニコン・マレーシアは、向こう1年で最新モデルのデジタル一眼レフ(DSLR)カメラ「D3200」の販売目標を4万台に設定した。一眼レフカメラ市場のシェアを50%まで拡大できると見込んでいる。
「D3200」は初心者から中級者向けのモデル。24.2メガピクセルのCMOSセンサーを搭載している。6月初旬に発表を予定しており、販売価格は手頃な価格に設定されているという。ワイヤレス・モバイル・アダプター「WU-1a」を接続することで、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスへの画像転送も可能だ。
ニコン・マレーシアの2012年3月末締めの決算における売り上げは3億リンギ以上で、今年は二桁成長を見込んでいる。

ザ・サン、4月30日、ベルナマ通信、4月28日

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。