ホーム > 安全情報 > 国内でのテロ計画露見、年末に向け警戒体制強化の動き

国内でのテロ計画露見、年末に向け警戒体制強化の動き

2016年12月23日 07:55 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 先ごろ警察が逮捕した7人の国際テロ集団、イスラム国(IS)のメンバーが、娯楽施設やインターナショナルスクールをターゲットにテロを計画していたことが明らかになり、クリスマスやニューイヤーの祭事シーズンを目前に警戒態勢を強める動きが広がっている。

 

マレーシア警察は、インドネシア警察がクリスマスに合わせた自爆テロ計画を明らかにしたことを受け、国内の警戒態勢をさらにアップした。インドネシア警察は21日、自爆テロを計画していた過激派メンバー3人を射殺したと発表した。

関連カテゴリ: 安全情報

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。