ホーム > 社会・生活 > LRTセントゥルティムール—アンパン間、直通運転開始

LRTセントゥルティムール—アンパン間、直通運転開始

2016年12月02日 07:40 JST配信

【クアラルンプール】 クアラルンプール(KL)首都圏で公共交通機関の運行を手がけるラピッドKLは12月1日、軽便鉄道(LRT)アンパン線のセントゥル・ティムール駅とアンパン駅を結ぶ直通運転を開始した。

これまでセントゥル・ティムールからアンパン方面へ向かう直通運転はなく、チャン・ソウ・リン駅で乗り換えなければならなかった。スリ・ペタリン線とアンパン線の無線式列車制御システム(CBTC)の整備が完了したことをうけたもので、中国・中車株州電力機車(CRRC)製の6両編成の新型車両を導入する。

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。