ホーム > 社会・生活, 経済 > MRT1号線の料金発表、キャッシュレスで1リンギから

MRT1号線の料金発表、キャッシュレスで1リンギから

2016年11月17日 16:15 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 首都圏大量高速鉄道プロジェクトを推進しているMRTコープは、1号線、スンガイ・ブローーカジャン(SBK)線の料金体系を発表した。現金での支払いとキャッシュレスでの支払いでは料金が異なり、最低料金はパサ・セニとムルデカ駅間の料金で、現金支払いが1.10リンギ、キャッシュレスの支払い方法の場合は1リンギとなる。

 

一方で始点と終点であるスンガイ・ブローとカジャン間の51キロメートル、31駅の料金は現金支払いで6.40リンギ、キャッシュレスの場合は5.50リンギとなる。

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。