ホーム > 社会・生活 > 高速道路料金所8カ所、11月に完全キャッシュレス化

高速道路料金所8カ所、11月に完全キャッシュレス化

2016年10月23日 12:44 JST配信

【クアラルンプール】 ダマンサラ-プチョン高速道路(LDP)とセナイ-デサル高速道路(SDE)の8カ所の高速料金所で、11月9日正午から完全キャッシュレス化される。

現金清算所を廃止し、電子料金収受システム(ETC)のみでの支払いを受け付ける。料金の支払いには、高速道路運営のPLUSマレーシアが発行するポイント付きプリペイドカード「PLUSマイルズ」、プリペイドカード「タッチ&ゴー」、電子料金収受システム(ETC)端末「スマートTAG」いずれかを利用する必要がある。

対象となる料金所は▽ペンチャラ▽ペタリン・ジャヤ▽プチョン・バラット▽プチョン・セラタン▽セナイ▽ウル・ティラム▽チヤハヤ・バル▽ぺナワルーー 料金所。対象となる高速道路では24時間、スマートカードの販売も行う。

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。