ホーム > 社会・生活, 経済 > ジョホールの超電導リニア計画、中国資本が参入か

ジョホールの超電導リニア計画、中国資本が参入か

2016年09月13日 20:28 JST配信

【クアラルンプール】 ジョホール州において超電導リニアとも呼ばれる超電導磁気浮上式鉄道車(MAGLEV)サービスの導入が検討されているが、マレーシア企業と中国企業との共同プロジェクトとなる可能性が浮上している。

民間資金を活用するPFI事業となる見込みで、マレーシア企業は昨年、ジョホール州政府に対して事業案を提示している。資金は中国で調達されるとの情報もある。

関係筋がビジネス・タイムズに対して明らかにしたところによると、モノレール・システムを採用し、プロジェクトの規模は33億リンギとなる見通し。

 

州政府の承認を経て、中国企業とマレーシア企業はコンソーシアムを結成し、ジョホール州中心部の商業地域などを通る路線を建設する。

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。