ホーム > 経済, 観光・イベント > 航空機利用の旅客に課税、航空委員会が検討

航空機利用の旅客に課税、航空委員会が検討

2016年07月18日 20:37 JST配信

【ペタリンジャヤ】 民間航空の商業面を監督する機関として3月に設けられたマレーシア航空委員会(Mavcom)は運営資金を得るため、航空機利用者に一定額の税を課すことを検討している。消息筋が明らかにした。

Mavcomは法定機関であるため、政府予算で運営されている。航空会社、地上業務、空港運営に対する免許交付権限を付与される見通しで、免許料収入が見込めるが、運営資金として不十分だという。

ある航空会社の幹部は「昨年の航空旅客は8,350万人で、1人につき1リンギを徴収すれば年間8,350万リンギの収入が確保できる」と語った。

 

空港利用者は既に、航法サービス税(PSC)を納めており、Mavcomが検討している税は旅客負担を増すだけになるとの懸念もある。

関連カテゴリ: 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。