ホーム > 経済, 政治・外交 > 1MDBが再編へ、首相がトップの顧問団は解体

1MDBが再編へ、首相がトップの顧問団は解体

2016年05月06日 07:23 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】国営投資ファンド、1マレーシア・デベロップメント(1MDB)の唯一の株主である財務省は4日、1MDBを抜本的に再編すると発表した。

公会計委員会(PAC)の勧告に従ったもので、ナジブ・ラザク首相がトップを務める顧問委員会は解体する。

1MDBの子会社(バンダル・マレーシアとTRXシティー)及びペナン州のアイル・イタムとセランゴール州のインダー島の土地資産は全て、1MDB親会社である法人の財務省に移管する。子会社にかかわる負債について言及はなかった。

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。