ホーム > 経済, 政治・外交 > 国家改革プログラム、2015年度の年次報告を発表

国家改革プログラム、2015年度の年次報告を発表

2016年04月27日 20:41 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 首相府業績管理導入局(PEMANDU)は26日、国家改革プログラム(NTP)の2015年度年次報告を発表した。

2015年については、▽2013年以降、マレーシアの財政は健全なレベルを保っている▽2015年時点でマレーシアは7か国との間で二国間自由貿易協定を締結した▽国家重点分野(NKEA)では多様化を進め、政府の石油収入への依存が軽減された▽民間消費の消費全体への貢献度は増加、国内総生産(GDP)の52.4%を占め公的消費の4倍となった▽民間セクターの投資全体への貢献は昨年65%となった▽昨年、電気・電子セクターでは93件のプロジェクトに89億リンギの投資が寄せられたーーとした。

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。