ホーム > 政治・外交 > 熊本大地震、ナジブ首相が哀悼の意表明

熊本大地震、ナジブ首相が哀悼の意表明

2016年04月19日 08:57 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 熊本を中心とした九州地方で発生した地震について、ナジブ・ラザク首相は16日、犠牲者やその家族に哀悼の意を表明するとともに被災者への見舞いの言葉を自身のフェイスブック公式ページに投稿した。

ナジブ首相によると、熊本大学など熊本県の大学に留学中のマレーシア人18人の無事が確認された。全員が指定避難所に避難し、うち11人は福岡県に移動した。マレーシア政府は大使館及び日本政府と協力しマレーシア人の安全確保に注力している。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。