ホーム > 社会・生活, 観光・イベント, ロングステイ > エアアジアX、6月22日にクアラルンプールー北京線就航&天津線廃止

エアアジアX、6月22日にクアラルンプールー北京線就航&天津線廃止

2012年05月16日 19:10 JST配信

【クアラルンプール】 長距離格安航空会社エアアジアXは16日、クアラルンプール(KL)—北京線を6月22日に運航を開始すると発表した。
当初は週4便の運航で、KL発が水・金・土・日曜の午後6時45分で、北京着が翌日の午前零時50分。北京発が月・木・土・日曜の午前2時5分で、KL着が午前8時30分。8月6日から増便し毎日運航とする。機材はエアバスA330-300型機を使用し、座席数はプレミアム・フラットベッド12席、エコノミーが365席となる。
KL—北京線の就航にともない、週5便飛んでいたKL—天津線は6月21日で廃止する。
北京就航を記念して片道エコノミー249リンギ(税込み)、プレミアム1,129リンギのプロモーション価格を提供する。予約期間は5月17日から20日までで、旅行期間は8月6日から来年5月22日までとなっている。
エアアジア・グループは8年前に中国本土に乗り入れて以来、利用客が累計1,200万人を突破している。乗り入れ先は▽成都▽杭州▽桂林▽深セン▽天津▽広州▽重慶——。

ザ・サン、5月16日、エアアジア発表資料

関連カテゴリ: 社会・生活, 観光・イベント, ロングステイ

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。