ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > パンダ飼育体験プログラム、ズーネガラが開始

パンダ飼育体験プログラム、ズーネガラが開始

2016年03月20日 12:56 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 国立動物園ズー・ネガラは、ジャイアントパンダの飼育を手伝う1日体験プログラムを開始した。

参加資格は16歳以上で、外国人でも参加可能。パンダのエサを準備したり、パンダ舎の掃除、エサとなるササの収穫&手入れなどを手伝う。パンダに直接触れることはできない。時間は午前8時から午後4時までで、朝昼2食、Tシャツ、参加認定証がついている。

参加費用はマレーシア人が150リンギ、外国人は300リンギ。1日6人までの限定となっている。申し込みは同動物園(education@zoonegaramalaysia.my)まで。

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。