ホーム > 社会・生活, 経済, ロングステイ > 「ヨーゲンフルーツ」、KLに3店舗を開設

「ヨーゲンフルーツ」、KLに3店舗を開設

2012年05月08日 09:29 JST配信

【クアラルンプール】 カナダの有名フローズン・ヨーグルト&スムージーチェーン「ヨーゲン・フルーツ」がこのほど、クアラルンプールのジャラン・ジャラテクにオープンした。5月中にセタパクのダナウ・コタとコタ・ダマンサラの「ザ・ストランド」にもオープンを予定している。
マスター・ライセンスを取得したタイムレス・コミットメント社が運営しており、年末までに20店舗を開設する方針だ。フランチャイズ権の取得に多くの企業家が興味を示しており、特にペナン州、ジョホール州の企業家の関心が高いという。
「ヨーゲン・フルーツ」製品はプロバイオティクスを含んだヨーグルトで、脂肪分が98%カットされている。ハラル(イスラム教の戒律に則した)食品で、フレーバーはラズベリー、バナナ、マンゴー、チェリーなど。向こう2カ月で脂肪分及び砂糖ゼロのフローズン・ヨーグルトとヨーグルトソルベの販売も開始する予定だ。現在は持ち帰りのみで、2カ月以内に宅配サービスを開始する。
「ヨーゲン・フルーツ」は1986年にカナダのトロントで設立。現在は35カ国に1,300以上の店舗を展開している。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、5月7日

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, ロングステイ

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。