ホーム > 経済, 政治・外交, 文化・芸能, 日本関係 > 日本とマレーシアの教育機関、微細藻類で共同研究へ

日本とマレーシアの教育機関、微細藻類で共同研究へ

2015年08月19日 12:23 JST配信

【セルダン】 日本政府が海外機関と共同研究を推進する地球規模課題対応国際科学技術協力プログラムのもとで、マレーシアと日本の教育機関がマレーシアにおいて養殖に関する共同研究を行う。

微細藻類(マイクロアルジェ)からの高付加価値の化合物抽出に関する研究を行う。抽出された化合物は抗酸化剤で、ヘルスケアや美容、アンチエイジング製品に使用されている。研究の規模は1,180万リンギとなると見込まれている。研究期間は2016年1月から2020年12月までの5年間。

研究にはマレーシアから、マレーシア・プトラ大学(UPM)、レディング大学、セランゴール大学、マレーシアトレンガヌ大学が参加する。一方で日本からは、創価大学、東京大学、国立環境研究所、東京工業大学が参加する。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、8月18日、ベルナマ通信、8月17日)

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交, 文化・芸能, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。