ホーム > 社会・生活, 文化・芸能 > 大半のマレー系、イスラム教徒として認識高い=世論調査

大半のマレー系、イスラム教徒として認識高い=世論調査

2015年08月12日 12:40 JST配信

【クアラルンプール】 世論調査機関のムルデカ・センターによると、大半のマレー系マレーシア人がマレーシア人やマレー系であると認識するよりも、イスラム教徒として自らを認識していることがわかった。

グローバルな穏健派の行動が10日に開催した円卓会議に出席したムルデカ・センターのイブラヒム・スフィアン最高責任者によると、最新の調査で60%のマレー系がイスラム教徒であると認識していると回答した。わずか27%がマレーシア人、6%がマレー系であると認識していると答えたという。一方で華人やインド系は、それぞれ3%、16%のみが自らを宗教により認識していると回答した。

イブラヒム最高責任者は、2005年に実施した調査では、マレー系の11%がマレー系であると認識していると回答していたが、今年実施した調査では6%にまで下降していると指摘した。次期選挙に関しては、人種をベースにした選挙キャンペーンを実施する政党は、投票者を納得させるのは厳しくなるとの見解を示した。

(マレーシアン・インサイダー、8月10日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 文化・芸能

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。