ホーム > 統計・調査, 観光・イベント > 夏休みの日本旅行者、マレーシアは5.7%減の見通し

夏休みの日本旅行者、マレーシアは5.7%減の見通し

2015年07月08日 12:30 JST配信

クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 JTBがこのほど発表した夏休み期間中(7月15日-8月31日)の日本人の旅行動向調査によると、マレーシア訪問者は前年同期比5.7%減の3万3,000人と予想されている。

JTBによると円安や国際情勢の影響で、マレーシアや欧州の旅行者が減少すると見込まれている。2014年は前年比2.9%増の3万5,000人がマレーシアを訪問した。

海外旅行者全体は前年比1.9%減のの255万人、アジアを訪問する旅行者は3.2%減の135万人の見通し。タイは2.7%増加、シンガポールやインドネシアでは横ばいとなることが見込まれている。

東アジアでは中国が1.9%の増加、台湾も2.2%増の見込みだが、韓国は19.2%の減少となる見通しだ。

日本の出発ピークは8月8日、12日、16日で東南アジアなどの中距離は12日がピークとなっている。 

同調査は旅行予定者1,200人のアンケート調査結果や、JTBグループ、航空会社の予約状況などをまとめた。

関連カテゴリ: 統計・調査, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。