ホーム > 三面・事件 > 著名実業家のクリシュナン氏、出家息子とペナンヒルで面会

著名実業家のクリシュナン氏、出家息子とペナンヒルで面会

2012年04月26日 18:36 JST配信

【ジョージタウン】 マレーシア有数の資産家であるアナンダ・クリシュナン氏(74)が、ペナン・ヒルの山頂にある仏教の瞑想施設をお忍びで訪ね、出家である息子のヴェン・シリパンヨ氏に会っていたと報じられた。
華字紙「光華日報」によるとアナンダ氏は23日午前、大勢のボディガードに守られながら山奥の瞑想施設に到着。前日に到着していたヴェン・シリパンヨ氏と面会した。庭を一緒に散歩するなど、親子は仲むつまじい様子だったという。アナンダ氏は正午ごろに帰り、ヴェン・シリパンヨ氏もその後、本拠を置くタイに戻った。同瞑想施設はアナンダ氏が3年前に購入したもので、その後改装が施されていた。
ヴェン・シリパンヨ氏はアナンダ氏とタイ人の母親の下に生まれたが、18年前に全てをすてて出家したという。
マキシスやアストロ、ビナリアンを支配下に置くメディア王であるにも関わらず、自身のメディアへの露出を嫌うアナンダ氏の私生活はほとんど報じられない。資産総額は国内第2位の99億米ドルに上るとされるが、700リンギ程度のセイコーの腕時計を使用するなどいたって質素な生活ぶりだという。

マレーシアン・ダイジェスト、ザ・スター、4月24日

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。