ホーム > 三面・事件, 安全情報 > 政府機関襲撃計画、過激派12人を拘束=警察

政府機関襲撃計画、過激派12人を拘束=警察

2015年04月28日 11:50 JST配信

【クアラルンプール】 警察は26日、フル・ランガットとチェラスで「イスラム国」(IS)に感化されたと見られるイスラム過激派集団のメンバー、マレーシア人12人を拘束したと発表した。カリド・アブ・バカル長官によると、テロリズム対策の特別捜査班が摘発を行い、17歳から41歳までの容疑者を逮捕した。大学生や会社員、ビジネスマンなどでシリアへの渡航歴があるものはいなかった。

シリアのISリーダーからの指令を受けてテロ攻撃を計画し、「敵」と見なすイスラム世俗国家や国家権益を襲う狙いだったという。2日間に渡る摘発の末、警察は20キログラムの硝酸アンモニウム、20キログラムの硝酸カリウム、灯油2リットル、リモコンやアラーム、バッテリー、ISの黒旗、爆発物を製造するための機器類なども押収した。

首都圏クランバレーでの大規模なテロ攻撃に備えてジャングルの中や山間部で小規模な実験を行っていたと見られている。

12日までに警察はISに関連した活動に関与したとして93人を逮捕している。そのうち77人がマレーシア人、残りが外国人だった。今回摘発された12人は、先に逮捕されたリーダー格のメンバーを拘束した報復としてテロ攻撃を計画していた可能性もあるという。

マレーシア政府は政府機関やナイトクラブなどをターゲットとした過激派の活動摘発に注力しており、諸外国とも協力しあい、軍事訓練を受けたテロリスト予備軍の摘発を行っている。2015年テロリズム防止法も成立しており、域内各国と連動して対策を行う計画だ。

(ザ・スター、4月27日、マレーシアン・インサイダー、ベルナマ通信、4月26日)

関連カテゴリ: 三面・事件, 安全情報

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。