ホーム > 三面・事件, 安全情報 > 「イスラム国」のテロ攻撃は時間の問題=警察本部

「イスラム国」のテロ攻撃は時間の問題=警察本部

2015年04月05日 12:18 JST配信

【クアラルンプール】 ブキ・アマン警察本部のテロ防止担当幹部は、これまで得られた証拠を総合すると、「イスラム国」(IS)のメンバーがマレーシア国内で事件を起こすのは時間の問題だと考えられると述べた。

テロ防止課のアユブ・カーン・マイディン課長は特別説明会で「ISメンバーがマレーシアにとって直接の脅威になっている」と述べ、問題はいつ事を起こすかだと指摘。「背教的なマレーシアを罰する」との名目で、具体的には娯楽施設などで爆弾事件を起こす可能性があるとした。その上で「最初、ISメンバーはマレーシア人を常軌を逸したものとみなし、次いで背教者としてみなす。その次には、マレーシア人の血がハラル(イスラムの戒律に則った)だと言い出す」と暴力に訴える可能性を強調した。

アユブ氏によると、これまで63人のマレーシア人がシリアにおける戦闘のためにISに参加したとみられる。マレーシアでは、2001—09年にかけISを支援しているとみられる過激派組織、ジェマ・イスラミア(JI)の関与で240人のマレーシア人を逮捕した。

(マレー・メイル、4月2日)

関連カテゴリ: 三面・事件, 安全情報

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。